中央工芸企画株式会社

中央工芸企画のfacebookページ

TEL.03-3916-5475 受付時間:平日9時30〜12時、13時〜17時迄

弊社の『脱プラパッケージ』製作の取り組みが、
化粧品・トイレタリーの専門誌『C&T』の特集ページで紹介されました。

『脱プラ・減プラの実現とその先へ~サステナブルな化粧品容器へ面舵』をテーマに17ページにわたる特集では、10社の企業と共に中央工芸企画の開発した「紙製吊り下げ式パッケージ」が紹介されています。 【掲載企業】グラセル、ツバキスタイル、ホシケミカルズ、大日本印刷、ダイセル、トーヨー工芸工業、平和化学工業所、ベルポリエステルプロダクツ、中央工芸企画、バイオワークス、TBM

週刊粧業のC&Tと特集巻頭ページ

 

特許製品の紙製陳列用ホルダー。脱プラスチック製品です。

(以下、記事より抜粋)

「紙製の代替パッケージを開発、耐久性・ホールド性を実現」  中央工芸企画

 1969年創立の中央工芸企画は、パッケージやプロモーション用POP、販売什器などの企画制作を中心に事業展開している。3次元的構造を要する製品の企画開発・デザインに加え、埼玉物流センターでは食品や化粧品をはじめとする、数多くのパッケージのセットアップ加工も行なっている。
 今回、同社は海洋プラスチックごみ削減に向け、紙製吊り下げ式パッケージを開発した。コンビニエンスストアやドラッグストアなどに吊り下げ陳列する商品むけに開発したという同品は、真空成形・射出成形によるプラスチック容器を使うことなく、紙だけで商品を固定することができる。近年、多くの企業でSDGsへの取り組みが加速する中、海洋プラスチックごみの原因となるプラスチック素材を使用しない紙製品として、提案に注力していく。 (中略)
 

 紙製でありながら耐久性にも優れており、店頭で商品のみが抜き取られる盗難を防止するため、ホルダー裏側の切り込みからパッケージを破らないと商品が取り出すことができない構造となっている。さらに。ホルダー下部に底面を設けることもできるため、吊り下げずに自立陳列することも可能だ。また、紙製のためパッケージへの印刷も可能で、店頭での訴求力向上を図ることができる。そのほか、コスト面でのメリットに加え、圧着されたブリスターパックに比べて、易開封性にも優れている。
化粧品分野の展開については、環境配慮という文脈との親和性も高いオーガニックコスメへの提案にも取り組んでいくという。担当者は、「SDGsへの取り組みも求められる中、企業の姿勢と一致するパッケージは魅力的だ」と話す。(後略) 

C&T2020年10月号(No.185号)  週刊粧業サイトTOP 

 

 

<お問い合わせ>

  • 下記のバナーをクリックし、「お問い合わせフォーム」に必要事項をご記入の上、ご連絡をお願いします。